オリジナル&オーダーメイド革小物
定番アイテム オーダー(カスタム)メイド オーダー作品集 一点もの ノベルティ・卸売 製作のこだわり 送料・規約
"オーダーメイド"について
オーダーメイド手順
柄・ネーム
縫い合わせ・パーツ
リメイク・修理
ご注文・お問合せ
お客様の声
工房紹介動画
ウェスタン雑貨&インディアンジュエリー web TEDDY'S
送料・規約
工房について

コンテンツ > オーダーメイド > 縫い合わせ・パーツ
縫い合わせ
2枚以上の革を縫い合わせる時、その方法も選べます。写真左の二つ折り財布は麻糸で手縫いしています。縫糸(ステッチ)の色もお選び頂けます。写真右のキーケースは、革紐を使って編み込む方法です。縫い合わせる為だけではなく、単に装飾として、一枚の革に編み込むことも出来ます。高級感があり、薄い革でも張りを持たせる事が出来ます。配色にしても個性的ですね。全体のバランスで、お選びください。
オプション料金・・・500円〜(目安)
パーツ
財布などの留具に、コンチョを使う場合があります。これも、機能だけじゃなく、装飾的な意味合いもあるので、お選び頂けます。右の写真は、通常使用するコイン・コンチョです。米5セントコイン(古銭)をボタンにした物(直径20mm)です。表裏で、インディアンの横顔、バイソン(アメリカンバッファロー)があます。他にもモルガン・コイン等、各種取り寄せ可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい(コンチョボタン取寄せ例)。パーツの持ち込みも歓迎致します。
又、ボタン・ファスナーの金具類・縫い糸の色等もオーダーフォームにて御希望を、お申し付け下さい。
構造・マチ
革を二枚張り合わせれば、物を入れる空間が出来ます。しかし、直接張り合わせただけでは容量(厚み)はありません。そこで2枚の間に折り畳み式の側面を付けることがあります。これをマチと呼びます。マチを付けると容量が増えるだけではなく、取り出しやすくなります。札入れ、小銭入れ、名刺入れなどに使います。ただし、厚みが増すので使い分けが必要です。例えば財布に複数の札入れを付ける場合は全てにマチを付けるのではなく、最小限に止めたほうが良いでしょう。
携帯電話、デジカメ、モバイル機器、楽器・・・お気に入りのアイテムを入れるケースを探す時、既製品では安っぽい物しかなかったり、デザインが気に入らなかったり、ぴったりサイズの物が見付からなかったり。普段持ち歩くバッグでも、気に入ったデザインと大きさ・容量がしっくりくる事は意外と少ないもの。そんな時はオーダーメイド!また、暖かい手触りで永く使って頂ける革製品は、大切な人へのプレゼントにも御好評頂いております。大切な方へ名前入りのプレゼントはいかがでしょう。
また、オーダーメイドならデザインだけじゃなく自分に合った使い勝手も手に入れられます。例えば長財布の札入れ。通常は、右手で取り出すように作りますが、左利き用に札入れを右側に付ける事も可能です。これは財布に限らず、携帯電話ホルダーのベルト取り付け位置等にも言える事で、単に左右逆に作るだけで、格段に使い易くなる事があります。


因みに・・・自分の好みでオーダー(発注)することを英語ではcustom made(カスタムメイド)と言うのが正しいようで、オーダーメイドという言葉は日本独自の造語のようです。
過去作品集 お客様の声 ご注文・お問合せ
商品・通販に関するお問い合わせはこちらから
Copyright(c) TEDDY'S. All Rights Reserved.